赤ちゃんが欲しい サプリ

MENU

赤ちゃんが欲しいと思ったら、まずは葉酸の摂取を考えよう!

「赤ちゃんが欲しい!」そう思った瞬間から葉酸を摂取しましょう。葉酸は赤ちゃんの健康な体作りに必須の栄養素で、妊娠した日から3か月ほどの間に、赤ちゃんの脳や神経細胞が出来上がると言われており、葉酸が不足すると神経管閉鎖障害のリスクが増加する可能性があるため、厚生労働省が妊娠を計画している女性に対して毎日400?の摂取を推奨しています。

 

妊娠してから摂取を始めても足りなくなると大変ですから、妊娠前からいつでも赤ちゃんが来てくれてもいいように準備しておくのは重要です。もちろんこの栄養素は女性だけでなく男性にも有効ですから、一緒に摂取しても問題ありません。

 

 

赤ちゃんが欲しい人が最初にすること

赤ちゃんが欲しいなと思ったらまずすること、それは、もちろんご主人と仲良くすることは大切ですが、女性の妊娠しやすい時期やタイミングをしっかりと知ることです。女性の体はとてもデリケートです。そしてそれ以上に妊娠するということは神秘的なことなんです。
パパになる人、ママになる人、それぞれのタイミングが合って、数々の難関を乗り越えてこそやっと妊娠にたどり着けるのです。
まず女性は毎朝、基礎体温を測りましょう。朝起きて起き上がる前に、基礎体温計を舌下で測ります。毎日測って記録を付けていくと、妊娠するタイミングが分かります。女性は大体28日周期で生理が来るサイクルになっています。生理が始まると、いわゆる低温気が二週間ほど続き、その後一気に高温期に移行していきます。その低温期と高温期の移り変わる時、その時が排卵の時期になりますので、そのタイミングでご主人と仲良く性行為を行う事が基本的な赤ちゃん作りの第一歩となります。排卵が起きる三日ほど前から高温期に移行するまで、三日おきにタイミングを取るのが理想的です。ただし、デリケートな女性の体ですから、ちょっとした体調やメンタルの変化で基礎体温がきっちり二層にならなかったり、低温気がとても長く排卵がなかなか起こらないことも多々あります。ですから焦らず、まずは数か月間基礎体温を測りながら女性の方ご自身の体のサイクルをちゃんと把握していくことが大切です。慣れるまではいろいろと大変ですが、基礎体温を毎日記録するのが面倒な方は、体温計にデータが残されていくタイプの商品もあるので、紙にいちいち書き起こさなくても良いという利点があります。また、排卵期のタイミングがなかなか分かりづらい場合は、排卵検査薬という商品も薬局に置いているので、そちらもうまく利用すると良いでしょう。使い方は簡単で、妊娠検査薬と同じく、そろそろ排卵期かなと思った時期から数日間、トレイで検査薬に尿をかけて、排卵の兆候が出てくるタイミングをはかるというものです。赤ちゃんが欲しいと思ったらまずご自身のからだのリズムを知っていきましょう。

 

 

 

赤ちゃんが欲しいならまずは体質改善!

健康な赤ちゃんを産むためには、両親ともに健康であることが大切です。特に母体は胎児が育つ場所なので、妊娠するまでに体のコンディションを整えておきたいものです。ですので、赤ちゃんが欲しいと思ったら、まずは体質改善から始めると良いでしょう。妊娠に欠かせないのが、ホルモンバランスです。ホルモンバランスが整っていないと、排卵や月経のトラブルを招き、妊娠しづらくなります。婦人科では低用量ピルなどで治療が行われますが、生活スタイルを見直すことで改善するケースも多いものです。特に仕事をしている人は、生活が不規則になり、ストレスを抱えやすい傾向があります。ストレスは交感神経を活発にし、ホルモンバランスを乱れさせるだけではなく、睡眠の質を低下させます。人は眠っている間に細胞が修復され、再生されます。ですので、体質改善のためには質の良い睡眠はとても重要です。排卵日前後は早めに帰宅し、体と心を休めるようにしましょう。リラックスした時間を持つことで心と体のバランスが整い、妊娠しやすい体が作られます。また、妊娠しづらい人によく見られるのが冷え性です。卵巣に十分な酸素と栄養を届けるためには、血の巡りが良くなければいけません。体が冷えていると内臓も冷えるため、卵巣や子宮の働きが低下します。時に卵巣機能や黄体機能を低下させたり、子宮内膜症や子宮筋腫を招き、不妊につながる場合があります。そのため、赤ちゃんが欲しい人にとっては、冷え性は優先的に改善しなければいけません。年間を通して腹巻をしたり、靴下を重ね履きするなど、体を冷えから守る対策を講じましょう。肌に直接触れるものは、天然素材でできたものが望ましいです。お風呂は毎日湯船に浸かり、体の内側から温めましょう。岩盤浴やホットヨガ、よもぎ蒸し、酵素風呂なども効果的です。発汗作用によって体の中の老廃物が排出され、デトックス効果を得ることができるので、体質改善になります。食事も体を温める食材を選び、自炊するのが理想的です。加工食品やスナック菓子、炭酸飲料を日頃からよく食べている人は、これらを控えるだけでも体調が良くなるでしょう。

 

 

 

赤ちゃんが欲しいなら生活習慣を見直す

恋人と過ごし、ある程度お互いを知って、スムーズに結婚する流れになる方もいるでしょう。夫婦として一つ屋根の下で暮らし、赤ちゃんが欲しいと思うようになるかもしれません。ですが、ただ欲しいからというだけで、何もせずにいることはよくありません。しっかりと赤ちゃんを作るために準備をすることも大切です。自分の生活習慣を見直して、悪い習慣がある場合には、不健康な生活になることもあり、体調不良、ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れなどにつながることもあるでしょう。そのような状態で赤ちゃんが欲しいと思っても、母体となる自分が不健康な状態では、赤ちゃんにとっても悪影響を及ぼしかねません。
まずは、自分の健康を意識して、生活習慣をしっかりと改善していきましょう。
喫煙などは、体にとって害になる可能性があるため、赤ちゃんが欲しいなら、禁煙を心がけることが大切です。また、アルコールなどに関してもある程度控えることが大切です。自身の体調を整えるためにも、あまり夜飲み歩いたり、多量のアルコール摂取は内臓などに負担をかけ、夜更かしをしてしまうと生活リズムが乱れてしまうことになるでしょう。
健康的な生活を送るため、また、自身の体の健康維持をするために生活習慣をしっかりと改善していきましょう。
規則正しい生活、そして、睡眠不足にならないようにしっかりと睡眠時間を確保すること、リラックスした状態で質のよい睡眠をとり、次の日まで疲れを引きずらないことなどが大切です。また、運動をして代謝機能向上、血流の改善などをしていくことも重要なポイントです。また、精神的ストレスなども溜め込まないように、できるだけ精神を安定させるように生活を改善していきましょう。適度な気分転換をすることも重要なことです。
生活習慣、ストレスの改善を心がけ、自律神経、ホルモンバランスが乱れないように、生活環境を改善していくことで、自身の健康の維持につなげていきましょう。

 

 

 

赤ちゃんが欲しい人にサプリがおすすめの理由

赤ちゃんが欲しいと思っている夫婦はたくさんいますが、自分たちだけで運動や食事などの基本的な生活の改善をしたり、時には病院で診察をして本格的な治療をしても授からないという事はよくあるものです。妊活を始めた当初は何とか頑張ろうと夫婦で手を取り合って努力もしていけますが、その状況が長引いてくると、段々と心身ともに疲弊してきます。

 

気を使って食事をしていたとしても、やはり食材そのものの栄養素が足りなくなってきていると言われている現代では、自分たちが思っている以上に栄養素は取れていないこともあります。そんな時には、サプリを使って栄養補給をするのもおすすめです。今は赴任といっても女性側だけの問題ではなく、男性側の不妊もあると言われるような時代です。どちらか一方だけが頑張るのではなくて、夫婦で一緒に努力をしていく事も大切になってきます。

 

男性側でも赤ちゃんを授かれるようにいろんなサプリメントがありますので、亜鉛やアルギニン、マカなど必要に応じて摂取していくようにしましょう。食事だけでは摂取しにくい栄養素はあるのだと理解しておくことで、サプリも一つの食品と捉えて上手く活用しやすくなるでしょう。ほしいと思ってただ闇雲に行為をしていても、上手く授かれないという時代にもなってきています。少しでも赤ちゃんにきてもらうことが出来るように、夫婦側でも心身の状態を整えていく事が重要です。

 

 

 

赤ちゃんが欲しくて病院に行く前にできること

結婚をすればそのうち夫婦間で赤ちゃんが欲しいと思うようになってくるものですが、いつでも好きな時に授かれるかというとそうではありません。そのため、妊活という言葉も一般的になってきたほどです。病院での治療をしようかと思っても勇気がいりますし、費用や時間がかかるとなると踏み切れないのも当然の事でしょう。

 

すぐに病院に行けない場合もありますので、自宅で夫婦一緒に出来る事から少しずつ始めていくのもいいでしょう。近年は男女ともに仕事などでストレスがたまりやすく、心身に疲労が溜まりやすくなっています。疲れている時に何かしようと思ってもやる気も出ませんから、効果も出にくいです。

 

それに、昔からの方法ですが、基礎体温をつけてタイミングを計るなどの地道な努力をしている方も少なくありません。最近は女性側だけの問題ではなくて、男性側の不妊もありえるので、食事に関しても亜鉛やアルギニンなどの栄養素が取れるようにバランスの取れたものを食べたり、場合に応じてサプリメントも活用していきましょう。妊娠やすい体作りをしていく事も、赤ちゃんにきてもらうためにはとても大切な事です。それ以外にも、葉酸もしっかり補給しようと言われますので、夫婦で二人三脚と思って二人で一緒に食事やサプリメントも使うようにすればより絆も深まる事でしょう。

 

生理不順であるとか、体の中で病気があるなど、いろんな可能性もありえます。食事や運動、そして規則正しい生活をするなど、自分たちで出来る事から少しずつ始めていって、それでも思うように結果が得られないのであれば、病院に行く事も視野に入れましょう。不妊症かそれともたまたま授からなかったのかなど、気になる事もあるでしょうし、診察してもらうことでどのような状態なのかも確認することができます。きちんとした対策もできるようになりますので、出来る事は行い、そうでなければ速やかに病院に行く事も授かるためには大切な事になります。

 

 

 

赤ちゃんが欲しいと将来を話し合うことも大切

結婚して家庭をもち、子供を授かりたいというのは多くの人が望むものです。赤ちゃんが欲しいと思ったときに、やるべきことはどのようなことなのでしょうか。
まずは将来設計をきちんと夫婦で話し合うことです。今子供を持っても経済的に問題はないのか、きちんと育てていけるのかを確認する作業は非常に重要です。女性が仕事をしている場合は、産休・育休制度についても調べる必要があります。女性が休職している期間、男性の収入だけで家族の暮らしを支えられるのかをシュミレーションすることが重要です。
そういった確認がすみ、子供を持つということが可能であるならば妊活をスタートさせます。最近は晩婚化の影響もあり不妊で悩むカップルが増加しています。特に異常のないカップルであっても、1周期で妊娠する確率は20%程度と言われています。欲しいからといってすぐに授かるわけではないのです。自分たちでできる一番の方法としてはタイミング法があります。排卵日を予測し、その前後に性交渉を行うことで妊娠の確率を高めるというものです。この方法を実施するにはまず、基礎体温を測定して排卵日の予測をしなければなりません。基礎体温計はドラッグストアでも販売されています。なるべく毎朝同じ時間帯、目覚めて体を起こす前に横になった状態で口にくわえて測定します。正常な生理周期であれば生理開始から14日目頃までは低温、14日目前後にガクッと体温が低下したのち、高温期に移行します。その体温が下がった日が排卵日であると予測できます。基礎体温は毎月一定というわけではなく、ストレスなどによって割とすぐに変動するものです。しかし3か月ほど続ければ、だいたいのパターンをつかむことができます。もし基礎体温を測って低温期・高温期に分かれていない場合は無排卵の可能性があります。その場合は病院での治療が必要になりますので、婦人科を受診するようにしましょう。また基礎体温が正常であっても2年以上妊娠しない場合は、他に何らかの原因があることが考えられるので、男女ともに検査を受けることが必要になります。